世界水準の高いオーストラリアへ留学しよう

年間を通して暖かいオーストラリアへ遊学しよう

年間を通して暖かいオーストラリアへ遊学しよう

オーストラリアは年間通してとても暖かい温暖な気候です。特に日本では寒い冬の時期にオーストラリアは一番気温が高くなります。例えばケアンズは1月に最高気温が30℃、最低気温が20℃以上になるのです。逆に7月は最高気温25℃程度、最低気温が15℃程度だそうですよ。南半球にあるので、日本と丁度反対の気候になるんですね。(日本と違うのは冬期でも寒くないこと) ただ、オーストラリアはとても広いので、全地域が同じ気候とは言えません。そこで、人気の留学エリアの気候を簡単に紹介しますね。

・温帯性気候・・・この地域は春夏秋冬と四季がはっきりとしています。冬には少々冷たい風が吹きますので、ジャケットなど必要になります。(シドニー、メルボルン、アデレード、パースなど)

・亜熱帯性気候・・・この地域は年間通してとても暖かく、冬でも半袖で過ごせます。一年を通して晴天率が高いのもこの地域の特徴です。(ゴールドコースト、ブリスベン、サンシャインコーストなど)

・熱帯性気候・・・雨季のある地域。毎年11月から3月が雨季です。しかし、年間通して暖かく、オーストラリアが冬期(6~8月)に入っても半袖で過ごすことができます。(ケアンズ、ターウィンなど)

・砂漠性気候・・・その名の通り、年間を通して雨が少ない地域です。昼夜の気温差が激しく、まさに砂漠性の気候。(ウルル、アリススプリングスなど)

この様に、オーストラリアは地域によって気候が多少違いますが、全体的にみて年間通して温暖な気候で過ごしやすい、まさに短期 留学・観光に適した国だと思います。